マアク皮膚科

マアク皮膚科

できもの

RASH

ニキビ

ニキビ

ニキビの直接的な原因は、皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりです。過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まり、面皰(めんぽう)という状態になります。この毛穴に溜まった皮脂を栄養源にして、ニキビの元となるニキビ菌は増殖していき、症状を悪化させます。

大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、紫外線、ストレスや生活環境など、様々な要因が複雑に絡み合ってできることが多く、治りにくいのが特徴です。
治療にあたっては、ニキビの種類と重症度を判断し、外用薬(抗生物質の外用、イオウ製剤等)、内服薬(抗生物質、ビタミン剤、漢方薬等)などの中から選択します。

ニキビは医学的には「尋常性ざ瘡」というれっきとした皮膚疾患です。ニキビができると気分的にもすぐれず、日常生活に影響が及んできます。また、ニキビのケアが不十分だと「ニキビ痕」が残ってしまうこともあります。ニキビ症状が続くようなときは、放置せずにご相談ください。

粉瘤

皮膚にできる腫瘍の中で最も多い病気です。アカがたまった袋状のできもので、本来なら自然に剥がれおちていくアカが閉じ込められてしまうことで、皮膚の中で丸く腫れ上がります。

顔のイボ

顔に出来るイボは主なものだけでも、老人性イボ(脂漏性角化)、ウィルス性イボ(扁平疣贅)などいくつか種類があります。それぞれに最適な治療があるので皮膚科専門の施設で綺麗な状態で治療していただくことをおすすめしております。

陰部のイボ

治療に関して恥ずかしいなと思われる方も多いかもしれません。皮膚科には老若男女問わず多くの方が診察にいらっしゃっているので、安心して受診していただければと思います。
陰部に出来るイボには様々な種類があります。

中でも特に注意するべきは性感染症です。例えば尖圭コンジローマは外陰部や肛門の周囲にできるギザギザした形状のイボです。痛みやかゆみを伴うことは少なく、イボに気づかず感染が広がる可能性があります。自己判断では危険です。皮膚科の受診をお願いします。

ほくろ

ほくろは美容的な問題や悪性化の心配など、様々な理由から皮膚科で治療を希望される方が増えています。
当院ではレーザーの高機能CO2レーザーを使用しております。どちらも回りの皮膚へのダメージと出血を最小限に抑えることが可能です。

赤いできもの

身体のあちこちに出てくる「赤いできもの」。これは「老人性血管腫」「チェリースポット」と呼ばれ、毛細血管が異常に大きくなって固まりになったものです。老化現象の一つですが、紫外線を浴びすぎたり、炎症を繰り返すと出来やすくなります。

TROUBLEお悩み