マアク皮膚科

マアク皮膚科

乳幼児疾患

CHILD

CHILD乳幼児疾患

乳幼児疾患

赤ちゃんの顔や身体にできる、一般的な湿疹です。頬や口回り、さらにおでこや頭の方まで、赤いポツポツやカサカサ、黄色っぽいフケやかさぶたの様なものまで色々な症状になります。お母さんの中にはアレルギー体質なのでは?と心配される方もいらっしゃいますが、多くの赤ちゃんが経験する一般的な病気です。

ATOPIC DERMATITISアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、繰り返す慢性の湿疹と皮膚の乾燥が特徴的な皮膚疾患です。痒みが強いのですが、掻くとさらに悪化し、悪循環を招きますので、治療によって痒みを抑える必要があります。
喘息のほか、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎のある家系に出やすい傾向があり、また、ダニや食べ物などのアレルギーが起きやすいのも、アトピー性皮膚炎の特徴です。

アトピー性皮膚炎の治療にあたっては、皮内反応や血液検査などで原因をよく調べた上で、外用薬のステロイド剤、免疫抑制剤、保湿剤などを用います。

IMPETIGOとびひ

こどもの頃はあせもや虫刺され、乾燥などでかゆくなると、我慢できずにぼりぼりかいてしまいがちです。その結果、皮膚にできた小さなキズからバイ菌が入り込んでしまいます。そして皮膚のすぐ下で大量に繁殖し始めます。これがとびひと呼ばれる状態です。

とびひには2種類あり、水疱性膿痂疹(水ぶくれができるもの)、痂皮性膿痂疹(かさぶたができるもの)になります。其々の菌の種類は事なり、細菌では薬の効きにくい耐性菌がいることもあります。

WART水いぼ

5~6歳児ぐらいに最も多く見られる子供特有のウィルス性のうつる病気です。1~2mm程度の肌色~やや赤みを帯びたポツポツした光沢のある発疹が体の至ところに出てきます。プールや保育園で次々と広まってしまう事が多いです。

放置してもいずれウィルスに対する免疫力ができて、自然治癒することが知られています。ただし、自然治癒までの期間が1~2年と非常に長いため、増えすぎるのを防ぎ、早めに治すために摘除(専用のピンセットでつまんで取る)を行います。

MEASLES麻しん

幼少期にかかりやすい、発疹を伴うウィルス性の病気です。どちらも初期には鼻水や発熱など風邪に似た症状が現れます。麻しんでは目の充血を伴うこともあり、次いで口の中の頬の粘膜に、斑点が出来ます。その後いったん熱が下がりますが、約半日後に再び熱初し、同時にやや盛り上がった赤い発疹が体中にあらわれます。

症状は2週間程度持続し、ごくまれに肺炎や中耳炎を合併することがあります。また大人になってからかかると重症化しやすいといわれていますので、注意が必要です。一方風疹の症状では、まずあごや首などのリンパ節が腫れることが多く、その後、麻しんよりも淡いピンク色をした発疹が顔や耳の後ろにあらわれ、軽いかゆみをともなうこともあります。
この発疹は1~2日で全身に広がり、3日程度で自然に消えていきます。

TROUBLEお悩み